外貨支払いが多ければ有利

FXで外貨の取引をする場合、外貨で支払いが多い人の方が有利です。海外出張や海外に駐在、留学している人等、がこれにあたります。

例えばアメリカに駐在中の日本人であれば、ドルと円で取引をして、もしどちらかが暴落しても、ドルでも円でも使用できる環境にあるので、生活へのダメージが少なくて済みます。

駐在員でなくとも、海外に銀行口座を持っている人、今後老後等を海外で過ごそうとおもっている方、海外出張が多く現地でも出費が多い方、オンラインで海外の企業との取引が多い方等もあてはまります。

法人口座でFXの取り引きを行うと、税制優遇も受けることが出来るのです。この税制優遇の内容というのは、最長で9年間は損失額を繰り越すことが出来ることなのです。普通であれば前年に損失が出て今年は利益が出たとしたら、今年に出した利益分を申告する必要があるのですが、税制優遇を受けると前年の損失を差し引きして残った利益分だけを申告すればいいことになるのです。また、FXの取り引きに使用した費用というのは経費として全て請求をすることが可能で、税金対策としても非常に役に立つのです。FXの取り引きに欠かせないパソコンやソフト、参考書などの代金というのは、全て経費としてみなされます。FXの個人口座と法人口座ではこのようにさまざまな差があるのです。
参考:FX法人口座のおすすめランキング※ハイレバレッジ取引が魅力

又、すぐに預金をおろす必要がなく、一つの通貨の価値が下がっても、国際情勢の変化を待ち、余裕を持って、通貨の価値が再度上がってくるのを辛抱強く待てる余裕が家計にある事も大事なポイントです。

短期集中型ではなく、長期にわたってゆっくりと様子を見れる人に向いています。

補足をすると、円対ドル、円対ユーロ等、同時に価値が暴落しない通貨を選ぶと良いでしょう。

Leave a response

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です