FX取引を始めるならローソク足チャートを勉強してみて

FX取引には、ローソク足チャートを参考にすると良いと聞きます。
FXで為替相場の変動を予想する為に使われるチャートは、いくつかあります。その中でも比較的見やすいのがローソク足チャートだと思います。

ローソク足チャートは、実際に見てみるとわかるけれど、複数のローソクが表示されているような形になっています。相場変動を法則に従って表示した形が、様々な長さのローソクにそっくりなのです。

ローソク足チャートで特に重要なのがヒゲの部分だそうです。ローソク足チャートにおけるヒゲというのは、一定時間内の高値と安値を表しています。ローソクの上下に極端に長いヒゲが伸びている場合、一時的に大きく相場が上昇・下降したことになります。

ヒゲの長さは、今後の値動きを予想する上でとても重要な判断材料になります。これからFXを始める方は、まずはローソク足チャートの読み方を勉強してみると良いのではないでしょうか。チャート自体もとても見やすいので、初心者にお勧めだと思います。

Leave a response

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です